×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

太陽 黒点 気象

昨日も太陽探査のために特別につくられた人工衛星によって撮られた太陽フレヤプロミネンス黒点などの画像がニュスで紹介されていました。 しかし私たや科学者が発した事実だけを「真実」としてとらえることの危険性を感じるべきではないでしょうか。 近代の科学論や唯物論的な観点で太陽を論じることはひじょうに難しく私たん供される情報は実に制限されてしまっているのです。 とにかく 先週末のこと。 常藁お客様が来店しとても気になることをぽつり。 「今野菜価格が高騰しているけどこれから数ヶ月先にはいろんな農作物がさらに高騰しているかも知れませんね。 この間のイスランドの火山噴火だけど1782年の天明の大飢饉の時もイスランドの火山噴火が影響しているらしいですよ。 さらに悪いことには太陽の黒点が消失して太陽の活動が弱くなっているんですってね。 」と。 確かに欧州の主要空港が閉鎖さ 空に出現した ケムトレイルのような雲のそばにが 気候変動は宇宙からもやってくる 気象庁は知っていないのか 416日撮影ですなんども撮影しているのでその意図的な出現 はなにか 気象庁の説明は地球内の気温や大気の循環でしか説明していない 雲とそして宇宙という謎ときは 実は雲ができる原因には,オンプラズマが関係していることがわかりつつる そして 最近思った。 実はマスッィノ地球温暖化の煽り的な報道は地球寒冷化を大変危惧したものではないかと。 地球温暖化防止策には真っ先に2の削減が叫ばれるが2削減ッセジには石油などの化石燃料枯渇を阻止する意図が見ぃれする。 だが地球が寒冷化するとどうしても暖房するために化石燃料を大量に使う。 寒冷化により資源枯渇が加速するのだ。 そして1978年から1997年までは確かに地球上の気温が上昇し 昨日も太陽探査のために特別につくられた人工衛星によって撮られた太陽フレヤプロミネンス黒点などの画像がニュスで紹介されていました。 しかし私たや科学者が発した事実だけを「真実」としてとらえることの危険性を感じるべきではないでしょうか。 近代の科学論や唯物論的な観点で太陽を論じることはひじょうに難しく私たん供される情報は実に制限されてしまっているのです。 とにかく太陽 最近の異常気豁は倦んだりしますねぇ。 暑かったり寒かったり春の装いと冬の装いが出たり引いたりタンスの忙しい日々が続いています。 この激しい変化の源はどうも太陽活動の異常がもたらしているような気がします。 異常気豁犯人を二酸化炭素だけにするのではなく少し上を向いて太陽がいまどんな活動をしているのか観察してみることも必要ではないでしょうか? 太陽フレア活動が大きくなっています。 これは太 昨日も太陽探査のために特別につくられた人工衛星によって撮られた太陽フレヤプロミネンス黒点などの画像がニュスで紹介されていました。 しかし私たや科学者が発した事実だけを「真実」としてとらえることの危険性を感じるべきではないでしょうか。 近代の科学論や唯物論的な観点で太陽を論じることはひじょうに難しく私たん供される情報は実に制限されてしまっているのです。 とにかく 2010年4月第4週の黒点情報無黒点が継続しています。 二週連続の無黒点状態です。 宇宙天気情報センタ 4月15日からの無黒点が続いており太陽は静穏です。 2週間以上無黒点が続いたのは昨年の10月初め以来のことです。 もし無黒点が半年後の地球の異常気示唆しているとすると0月採台風やハリケンの害が懸念されます。 塾から帰宅し宿題の続きをしている娘っ子よりも先に寝るわけにゃいかんっしょ。 つい先月までは9時には寝なさいと言ってきたのに 身体を壊さないか心配にもなります。 自分のこの挫てこんな時間まで宿題したかなぉ 忘れたわ・ω・ それにしても・・この異常過ぎる気。 どぉなってんの? 地球・・ダイジョブかん? 太陽まで・・黒点がとか?るとか? もぉ来週から 週報宇宙天気情報2010年04月23日15時00分概況・予報太陽活動は概ね静穏でした。 今後とも太陽活動は概ね静穏に推移すると予想されます。 地磁気活動は概ね静穏でした。 今後は23日から24日にかけて\Eコロナ質量放出の影響により地磁気活動がやや活発になる可能性がります\陽活動太陽活動は概ね静穏な状態が続きました。 17日の4時

太陽の特集リンク

太陽光線研究室

太陽(たいよう)は銀河系の恒星の一つ。太陽系の物理的中心であり、太陽系質量の99.9%を太陽が占める。典型的な主系列星で、スペクトル型はG2V(黄色)である。推測年齢は約46億年で、主系列星として存在する期間の半分を経過しているものと考えられている。 また太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の惑星から見てそれが周りをまわる中心の恒星を比喩的に太陽と呼ぶことがある。

ニュース

【F1】フェテルが逆転で史上最年少王者に アブダビGP決勝、
 F1世界選手権シリーズ今季最終第19戦・アブダビGPは14日、アラブ首長国連邦アブダビのヤス・マリーナ・サーキット(1周5.554キロ)で24台が出走して55周の決勝を行い、セバスチャン・フェテル(ドイツ=レッドブル・ルノー)が初のドライバー王座を獲得した。フェテルは23歳と134日で、2008年にルイス・ハミルトン(英国=マクラーレン・メルセデス)が記録した23歳300日を抜いて史上最年少王者となった。
【世界バレー】ロシア、2連覇に喜び爆発
 逆転勝ちで2連覇を果たしたロシアは、選手をはじめ、監督、コーチらがコート上で抱き合い、喜びを爆発させた。両チーム最多の35点を挙げて最優秀選手にも輝いた202センチのエース、ガモワは「2回もチャンピオンになることができて最高」と、とびきりの笑顔を見せた。
【世界バレー】日本総力戦で勝利 監督「選手に感謝です」
 フルセットの死闘に終止符を打ったのはエース木村。「みんなが必死につないでくれたボール。絶対に決める」と右腕を勢いよく振り抜くと、相手ブロックはアウト。その瞬間、場内の歓声はうねりを増し、選手は歓喜の輪を作った。32年ぶりのメダル獲得に真鍋監督は「最高。頑張ってくれた選手に感謝です」と興奮で声を震わせた。
【世界バレー】主将・荒木、勝負どころで存在感
 日本主将の荒木が勝負どころで存在感を示した。2セットを失い、後がなくなった第4セットで先発すると、強打でチームに流れを呼び込んだ。最終セットもサーブで相手の守備を崩して勝利につなげた。
【スピードスケート】加藤、やや出遅れ2連勝逃す
 加藤は男子500メートルで惜しくも2連勝を逃した。最初の100メートルで9秒70とやや出遅れ、最終コーナーでバランスも崩した。長島に0秒04届かず「最後はばててしまった。最初が9秒6の前半じゃないと、優勝は難しい」としかめっ面だ。