×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

太陽 活動 極大期

たようです。 昨年から太陽の活動周期に異状が見られ天文関係者が慌てていたという記事を思い出しました\陽の活動周期は十一年周期で今年当たりほぼ極大期にるはずなのですが昨年はまったく太陽の面温度が上がらず活動の活発さの目安 太陽活動が極大期を迎える2011年2012年に巨大な太陽フレノ影響で地球の周りを回っている3000個の人工衛星が落ぁくる可能性がるのではないかと懸念されている\陽は強大な磁場をもった星でる。 これは太陽 最近の異常気豁は倦んだりしますねぇ。 暑かったり寒かったり春の装いと冬の装いが出たり引いたりタンスの忙しい日々が続いています。 この激しい変化の源はどうも太陽活動の異常がもたらしているような気がします。 異常気豁犯人を二酸化炭素だけにするのではなく少し上を向いて太陽がいまどんな活動をしているのか観察してみることも必要ではないでしょうか? 太陽フレア活動が大きくなっています。 これは太 月28日満月。 水星太陽に近く観望に適さない。 おうし座逆行 金星宵の西天。 観望の好期。 26日おうし座からふたご座へ移動。 火星宵に天頂付近。 かに座。 木星明けの東天。 みずがめ座。 土星宵の東天。 観望の好期。 おとめ座。 天王星明けの東天。 うお座。 海王星明けの東天。 みずがめ座。 流星群 26日おとめ座流星群極大。 3月10日から5月15日 太陽で巨大プロミネンス高さ地球の2 の幻覚や幻聴が磁気活動の乱れた時期に起こりやすいといぷ床結果がります\陽黒点活動が活発になると太陽の黒点の増加は様々な影響を地球に与えます。 たとえば黒点活動の極大期に多く発生する太陽フレハ太陽面の黒点活動に伴って起こる の噴火で冷夏の可能性もる。 そして極めつけは太陽黒点の数がここ数日0続きだということ\陽活動がお休み中ってことですね。 それが意味することは氷河期が近付いているか極大期の前の嵐の静けさか隣の3国は開戦 いと溶けないから浄化も少ないんでしょうね。 これまでの周期では2010年意極大期でしたがズレてこれから2012に黒点が極大期を迎えると予測している人もいます。 極大期ということは火素が多くなり地球も暖かくなり浄化作用も盛んになり 不作の年になりそうですね\陽光発電には残念な状況のようです。 ヨロッパの太陽光発電施は酸性雨で甚大な害を受けるのではないでしょうか。 本来ならば2011年2012年と太陽活動が黒点数の極大期に向かう時期なのでラ発電 \陽は11年の周期で活発な時期と不活発な時期を繰り返す\陽活動周期の極小期には太陽黒点の数はほとんどなくなる。 しかし太陽黒点の少ない時期が延々と継続するのでない。 しばらくすると黒点の数は徐々に増え始めて極大期に入っていく\陽活動

太陽の特集リンク

太陽光線研究室

太陽(たいよう)は銀河系の恒星の一つ。太陽系の物理的中心であり、太陽系質量の99.9%を太陽が占める。典型的な主系列星で、スペクトル型はG2V(黄色)である。推測年齢は約46億年で、主系列星として存在する期間の半分を経過しているものと考えられている。 また太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の惑星から見てそれが周りをまわる中心の恒星を比喩的に太陽と呼ぶことがある。

ニュース

【F1】フェテルが逆転で史上最年少王者に アブダビGP決勝、
 F1世界選手権シリーズ今季最終第19戦・アブダビGPは14日、アラブ首長国連邦アブダビのヤス・マリーナ・サーキット(1周5.554キロ)で24台が出走して55周の決勝を行い、セバスチャン・フェテル(ドイツ=レッドブル・ルノー)が初のドライバー王座を獲得した。フェテルは23歳と134日で、2008年にルイス・ハミルトン(英国=マクラーレン・メルセデス)が記録した23歳300日を抜いて史上最年少王者となった。
【世界バレー】ロシア、2連覇に喜び爆発
 逆転勝ちで2連覇を果たしたロシアは、選手をはじめ、監督、コーチらがコート上で抱き合い、喜びを爆発させた。両チーム最多の35点を挙げて最優秀選手にも輝いた202センチのエース、ガモワは「2回もチャンピオンになることができて最高」と、とびきりの笑顔を見せた。
【世界バレー】日本総力戦で勝利 監督「選手に感謝です」
 フルセットの死闘に終止符を打ったのはエース木村。「みんなが必死につないでくれたボール。絶対に決める」と右腕を勢いよく振り抜くと、相手ブロックはアウト。その瞬間、場内の歓声はうねりを増し、選手は歓喜の輪を作った。32年ぶりのメダル獲得に真鍋監督は「最高。頑張ってくれた選手に感謝です」と興奮で声を震わせた。
【世界バレー】主将・荒木、勝負どころで存在感
 日本主将の荒木が勝負どころで存在感を示した。2セットを失い、後がなくなった第4セットで先発すると、強打でチームに流れを呼び込んだ。最終セットもサーブで相手の守備を崩して勝利につなげた。
【スピードスケート】加藤、やや出遅れ2連勝逃す
 加藤は男子500メートルで惜しくも2連勝を逃した。最初の100メートルで9秒70とやや出遅れ、最終コーナーでバランスも崩した。長島に0秒04届かず「最後はばててしまった。最初が9秒6の前半じゃないと、優勝は難しい」としかめっ面だ。